FC2ブログ

建て替えするけど悩みすぎて正直しんどいblog

建て替えをすることが決定してるんですが色々と悩むことが多くてパンクしそうな日々なわけ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夜の階段  

ie58.jpg
2階への階段から上は私のスペースになるので資金が許す限り
こだわりたかったんですが、それほどこだわるほどではなかったなあと思う(笑)
後悔は全くしてないんですが、高い照明器具をこだわって選んでも多分後悔してないと
思うのと同時に、これにしてよかったなあと毎日感慨深く思うことがないのです。

でも階段の照明はとても素敵でしょ。
お気に入りです。

でも、なぜ後悔してないけど感動もしないかって、家族のあり方にあるわけで。
家が建っても色々ありました…。
家を建てる前も、もう家なんて建てないで私一人で逃亡してしまおうかと
思うくらい嫌な気分になることは数知れず。
家が建った後に残るのは、私はこの家と両親と一生ここで「束縛」されていくのだ、
私一人の人生などないに等しいのだと諦めるしかない無力な気持ち。

やっぱり建てるんじゃなかった…と思うことの方が当初は多かったです。
まーその原因もくだらないことなんですよ。ホントにもう。
お互いが、お互いの気持ちを思いやっていれば正直喧嘩にもならないはずなんですが
旧家では、湿気も熱も寒さも入り放題、逃げ放題。
音だって雷が鳴れば外で聞いてるのと大差ありません…(笑)
ドアの開け閉めで家が揺れるのは普通。でも私にはそれが堪え難いことでしたが。
そんな家に住んでいたから、新しい家になれば当然環境もよくなるはずなのに
新しい環境に慣れることが難しくて、それで家族内はギスギスしたまま2ヶ月くらい
続きました。もうイヤでした。
新しい家に住んでることは、夢のようで未だにこれは現実なのかなあと思うことはよくあります(笑)
でも、イヤなことも多くて新しい環境なのにどうして我が家はこんな仲が悪いのかと
うんざりしました…。
家族って一緒にいるのが当たり前かもしれませんが、長く一緒にいすぎて一緒の時間が
多すぎる程、退屈でその退屈が我慢ならなくて、お互いの嫌な所ばかりが見えてきて
一緒にいることが苦痛で仕方なくなるような気がします…。
私は毎日働いているのでまだいいですが、父は退職、母は専業主婦なのでこの二人が
毎日一緒にいるっていうことがね、辛いだろうなあみたいな(笑)
40年も一緒にいたら飽きますよ(笑)
お互いへの感謝の気持ちもどっかいっちゃいますよ(笑)

だから最初は本当にもめ事が多くて困っていました。
音の逃げ場のない家だから、キッチンで洗い物をしてるだけでうるさい。
洗濯機を回してるだけでうるさい。洗濯物をパンパンっ!と伸ばす音がうるさい。
家全体に響くんですよね。
だけど、それは生活していくうえで、やらなきゃいけないことだから
うるさい!と怒ることではないと思うのですが父は違います。
人が寝てる時間に洗濯をするなと怒るわけです。
でも、自分が起こす氷を入れる音や(これもホントによく響く!)ドアの開け閉めを
言われても「人が起きてる時間だから問題ない」と言い張るんです。
埒があかないわけですよ(笑)

父は基本自分のことしか考えていないので、引き渡し前の引っ越し中や、引き渡し後の
引っ越しも知らん顔で自分の決まった時間に決まったことをすることを絶対に
守っていたので、こっちはアパート引き渡しに間に合わせて引っ越しも大掃除もしないと
いけなかったし、新居に荷物を運び込まないといけなかったし、新居で必要な物も
揃えないといけなかったしで大忙しだったのに父は自分のスケジュールを守るだけ。
引き渡し当日も呆れてしまいました。
引き渡しの時間に合わせて、家電の運び込みをしてもらい、何時には終了してくれと
お願いしていたのです。
…あなたの都合で地球は回っているわけじゃないんです…。
こんな時くらい、自分のスケジュールなんてどうでもいいじゃないですか。
私も母も引っ越しや後片付けで忙しいのに、決まった時間に当然のように手作りの
夕食が出てくると思い込んでいる父親に本当に腹が立ちました…。
てゆうか情けなかった………。
こんな人と一生暮らしていかねばならないのかと思って辛かったです。
引き渡し前日には勝手にトイレットペーパーを持ち込んでトイレまで済ませていたんですよ!
あり得ないです!!!
いくらこっちがお金を出して建ててもらっている「我が家」とはいえ
引き渡しが終わるまでは、工務店の持ち物なんですよ。
これ、誰に話しても笑われるんですが、この時に父は2階のトイレにまでトイレットペーパーを
勝手にもっていっていて、私は発狂しましたよ………。
何をそんなに怒ることなんだ!と怒るし。
怒るに決まってるじゃないですか。
私たちの持ち物ではないんですから!それに、2階は私のスペースだと言ってるんだから
頼んでないことはしてくれなくて結構なんですよ!
私、頼んでないことを勝手にされても全く感謝出来ないタチなんで。

でも、信じられないでしょう?
引き渡し前にトイレを使ってたって。
ありえないです。
自分が掃除してなかったことにしてるならともかく、家の掃除など一切したことがない
人間ですから掃除もしないくせに何を勝手に!!!って話です。
情けないし、恥ずかしいです。

引き渡し前の引っ越しはクローゼットなど隠れる場所に入れておくなら事前から
行っても大丈夫ですよと言われていたので私と母で引っ越しを済ませていきましたが
工務店側から言われたルールは当然守ってやってたんですが、父が自分の荷物を
運ぶと言い出して(それはまあいいです。自分のことは自分でやったんだから)
荷物は外に出してはいかん!と何度も何度も言ったのに、当然のようにやっぱり
普通にクローゼットの外に出してありました…。
だから、引き渡しが終わるまでは「我が家」じゃないんだって…。
お金を払いきっていても、社会的ルールだって…。
なんで大きな企業で上の役職についてた人間がそんな些細な人間ルールを守れないのか
本当に信じられません。

そんなこともありね。
引っ越し当初は全く余裕もなく、もめ事ばかりで、後悔しました。
やっぱり私が家を出て、一人暮らしをした方がよっぽど生産的だったとね。

だから、自分が決めたことを出来上がってから毎日眺めて感動するとかそういう気持ちに
全くならなかったんです。
そういう、心の余裕が皆無だったんです。
冒頭の階段の明かりもどのくらい眺めたことがあったでしょうか(笑)
自分の部屋を見て何か感動を覚えたでしょうか…。
部屋を出て、廊下があるってことを感慨深く思ったか?
隣に部屋があることを感動したか?

…ないんです。
そう考える心の余裕が全くありませんでした。
とにかく、この生活に慣れていかなければいけないみたいな。
それに毎日仕事も忙しくて残業続き。
出来るだけ平日は家族と一緒に夕食を取ることも避けていました。
もうめんどくさくて。
家がようやく建って、ホッとして、なのにもめ事ばかりで、仕事も忙しくて
何かを考えている余裕が全くなかったんです。
一人で静かに暮らしたいという欲求を久しぶりに満たせる、くらいのことしか
考えることが出来ませんでした。
遅くに帰って薄暗い明かりの中で映画を見る。晩酌をする。
これが現実逃避(笑)

家が建って、5ヶ月程経ちましたがようやく家族がこの環境に慣れてきて
穏やかになりました。
やれやれです…。
だから、今は家を建てたことを後悔はしてません。
でもやっぱり思うのは、これ間違いなく燃え尽き症候群じゃないだろかと(笑)
仕事は毎日楽しんでやってますのでこっちはいいんですが、日々が。
無気力でもないですが、この先の目標がないなあと思うのです。
大きな金額のことをやってしまったので、次は何にしようかなとかそういう楽しみというか
目的というかがないんですよねえ。
…そもそも私、数年前に心を病んでいたのでそう考えてしまうんでしょうかね。

このHMさんで建てたことは全く後悔しておりませんし、このHMさんで大正解だった!と
いつも思ってますし、営業さんも設計士さんも本当にいい方に巡り会えて
本当に嬉しかったですし、とてもいい経験をさせてもらったなと思います。

家を建てる前も、建った後数ヶ月もホントにめんどくさい人間が一緒にいましたよと。
まーホントいろいろありましたわ。
疲れましたホントに(笑)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 外装、内装、インテリアのこと

tb: 0   cm: --

入居後に思うこと色々  

旧家ではプライベートなど皆無状態。
よく見る夢で、トイレに行きたくてトイレに行くのですがなぜかトイレの壁が
半分くらいしかない。つまり丸見えなわけです。
なんか分からんが、トイレももの凄いたくさんの数があるんですよ。
そのトイレをどこがベストなのか選んで選んで、やっと入るのに壁が半分程度しかないから
周りが丸見えで気になって用が足せないみたいな。
そんな夢を頻繁に見ていました。
それはつまり、プライベートが確保されていないということだそうです(夢診断です)
まさにそうでした。

旧家では私は2階に自室がありましたが、古い家のため断熱材なんてあるわけもないし
サッシの厚みが家の壁の厚み。10センチ程度ですよ。
当然、床だって崩れない程度の厚みがあるだけです。
私の部屋を出るとすぐに階段があり、その階段は階下の部屋の真ん中に出ます。
居間とも部屋とも言いにくいちょっと複雑だったんですが(笑)
キッチンダイニングの廊下を挟んでの部屋だったのでリビングだったのかもしれません(笑)
その部屋には愛犬がおりましてね。(現在は外で一人暮らしなのです涙)
リビング兼、母の仕事部屋、更に愛犬。そして父親が酔っぱらって喋りに来る部屋(笑)
私はベッドに寝ていたのですが、階下の声が丸聞こえ。
電話や来客があるたびに愛犬は吠えるし、母親の仕事の物音は普通に聞こえるし
父親が話に来れば普通に聞こえるし、母親が風呂上がり化粧水を塗る時に机の上にそのボトルを
置くんですね。その音が大きい!がたん!と大きな音がします。

階段はそのスペースへ降りるわけです。
新しい家で言う「リビング階段」みたいなもんです。
常に誰かがいて(深夜はいませんが)どこへ行くにも何をするにも誰かに監視されてるような
家の作りをしていました。
私はそれがイヤで仕方なかったです。
コンビニに行くにも、黙って出て行けないんです。「どこへ行くのか」と聞かれるからです。
若くないんだからほっといてほしいですよね正直(笑)
どうりで壁のほとんどないトイレに行く夢を頻繁に見るわけです(笑)

なので我が家、リビング階段は出来るだけ避けたかった。
設計当初は父親が勝手に設計してリビング階段にしておりましたが
新しい家になるのだし、個室が用意されてるのだしリビングに人が入り浸るわけじゃ
ないからリビング階段を妥協してました。
…が、階段の設計よりも他の問題があったので(玄関が狭すぎるっていう)
変えてもらったところ、リビング階段がなくなったんです。
私はとてもありがたかったです。
小さなお子様がいるご家庭では、家族の繋がりをとリビング階段を儲ける所が
多いと思いますが、我が家は幼い子供は現在おりませんし今後も出現する割合はゼロに
近いです。万が一、あったとしても私はリビング階段は希望しません。
誰かが嫌な思いをするのが、イヤだからです。

監視されてるような気分になるんですよね…。
年頃にもなれば自由に出かけたくもなるだろうし、そりゃー間違いが起こるような
お出かけは困りますけど、リビング階段って子供世代からしてみりゃ正直あまり
嬉しいもんじゃないなあと思うんですよね。
あ、これは私個人の意見ですあしからず。
我が家が特別変わってるとは思わないですが、親にイチイチ聞かれるっていうのって
子供はめんどくさかったりするんだよね〜なんて、年を取っても子供世代のままなので
そう思っちゃう。

家族という繋がりは唯一で、すごく大事なことだとは思うのですが
それ以上に「個」という存在も同時に大事にしたいと思うので(年を取ったからだと思うけど)
家族の繋がりは存在を感じるということよりも、会話をするということの方が重要だと思うし
家族の存在を感じているためのリビング階段、で済ませて自己満足してるんじゃないかとも
私は思うのです。そこは親の干渉がもっと必要なんじゃないかな〜とも思うのです。
…すみません、独身なのにエラソーなこと言って。
でも年頃になればそれが苦痛になっちゃうんじゃないかと子供世代は思うわけで。
そうならないようにどれだけ気をつけてても訪れるのが思春期ってもんで。

これは私みたいな超はみ出し行き遅れ女の言うことなんで真に受けずサラッと。

そんなわけでリビング階段はめんどくせーと思っていたので、現在の設計にして頂いて
本当に感謝しております。

我が家は玄関を上がるとすぐに右手が階段、左手がキッチンへの入り口です。
玄関上がって奥へ進むと両親の各部屋なので、私が夜に突然コンビニに出かける時も
両親が気にせずいられます。
私も気遣うこともありません。
父親が、無駄だ無駄だと言い張った長い廊下はこういう効果があったりするんですよ(笑)
一番西側に父親の部屋があるので、2階の部屋がその父親の部屋まで達していないおかげで
私が自室でどれだけ大きな声でテレビ見てても静かなんだそうです(笑)

しかし、「騒音」はしないのか?と言えばそうではありません。
旧家に比べれば、父親の無造作なドアの開け閉めの音は静かにはなったとは思います。
旧家では父親のドアの開け閉めで家が揺れておりましたからね!!(笑)
仮住まいのアパートでは、私は父親がトイレに起きるたびのドアの開け閉めで目が覚めてました。
途中から寝るときに頭の向きを変えて、更には耳栓をして寝てました…………。
新しいアパートではあったんですが、何しろ父親の無頓着が騒音を引き起こすのです。
その時に知りました。
気密性の高い場所では音が響くんだなと。(なのになぜかテレビの音は聞こえないっつう…)
部屋の中で手を叩くと、音楽ホールにいるような反響音がしました。
壁が揺れるのもあったんですけど(あまりにも酷いドアの閉め方だったので)
ワーン、と音が響くんです。
まさか新築でこれはないだろうと思っていたのですが、現実でした。

多分、新しく家を建てた方はほとんどがそう感じるのでは?と思う。
気密性が高いために音が響くっていうこと。
もしかしたら、木が表面に出てるログハウスみたいな家とかだと音が吸収されるかも
しれないですが…。

階上の音については何度かモデルハウスで実験してきました(笑)
母親が2階を走っても音が聞こえなかったので安心していましたが
建築中に何度も2階を歩いて確認したんですよね。
普通に聞こえました。スリッパをはいていたので余計かもしれないですが。
階上の足音についてどうして気にしたかって、仮住まいのアパートの階上の住人の足音が
尋常ではなかったからです…。
飛んで歩いてるのか!っていうくらいの騒音。騒々しいんです。
足音だけだったのでよかったですけどね。声やテレビの音なんかは全く聞こえなかったので。

我が家が気にしたのは階上の足音だけではありません。
壁を挟んだ向こう側の音。
建築中、石膏ボードがついてから何度も何度も確認しました。
モデルハウスで打ち合わせをすることが何度かあったのですが、その時は周りの声は
ほとんど気にならず静かな家だなと思っていたのです。
しかし、アパートでの騒音が気になって建築中の我が家を確認したところ
普通に叩いた音が隣の壁にひびく。
アパートで叩いてきたのと同じ音がするぞと。
これ、大丈夫なのかなと。

私は仮住まいのアパートで父親と隣り合わせで非常に嫌でした。
あくびの大声も(しなくてもいいヤツよ…あああーあっていう…怒)くしゃみも咳も
まるで隣にいるかのように普通に聞こえることが本当に嫌でイヤで、なるべく早く家に
帰ることを避けています(…現在形なのは現在進行中でもあるから笑)

幸い新居では私は2階にいますが隣り合わせの母親が気の毒だと思います。
…が、母は旧家の時からプライベートなど皆無って状態を私ほど気にしていなかったので
今はあまり気にしてないのが幸い。

しかし、父親の部屋は浴室&洗面、洗濯機と隣り合わせ。
引き渡し後、家族内がぎくしゃくしたのは言うまでもありませんでした。
洗濯物を干す時の音がうるさいのは私も現在進行形で体験中ですので理解は出来ますが
あろうことか、父親はその音がうるさい!と喧嘩になったんですよね…泣。
情けないですわ。
家事全般を引き受けてくれている母に対しての言葉です。
オール電化になったので、電気代節約を率先してやろうとしてくれた結果
夜11時以降か、早朝になるわけですよ。
やってもらっているのに、「うるさい」と喧嘩になるってもうありえませんよ。

騒音はそれだけではなく、家全体の気密性が高いためホールのような空間になっているので
キッチンでの洗い物の音が本当によく響きます。
リビングドアを閉めてくれればいいだけの話なんですけどね。
これは母も悪いと思いますが。ドアを閉めれば音が軽減されるんだから。
階段が吹き抜けになっているのと玄関が近いせいもあって、朝っぱらからピンポンされると
休日モードの私は一気に目が覚めます。
以前だったらここまで音が響かなくてもうちょっとマシだったかもしれませんが
今は、音が反響して大きく聞こえるんですね。

これは一条さんで建てたから言うんではなくて、多分新しい家ならどこでも一緒かなあと
思うのです。吹き抜けの場所を選べなかったので(なくてもよかったんだろうけど
階段の吹き抜けなしっていうのって想像つかなかった)設計段階からもっと音に気を
配ればよかったんでしょうけど、何しろ旧家自体が音も風も熱も冷えも漏れ放題だったので
これよりもマシになるんだろう!という思い込みが非常に強かったんだと思います…。
てゆうか、明らかにマシにはなってるんですよ。
でも、音が家内で響くので、今まで以上の音になるんですよね。
今まで父親のトイレの音なんて2階にいれば絶対聞こえなかったのに、仮住まいのアパートに
越してから(つまり着手承諾終了後ですわ)不快音が丸聞こえだっていうことに
気付かなかったのです…。
壁紙を貼るまで、アパートよりもマシになるはずだと家族全員思い込んでいたので
新居での音の反響には本当にビックリしました。
入居後2ヶ月以上、家族内が険悪なムードだったんですよ…。
一触即発でした。
家なんて建てなきゃよかったと思ったほどです…。

現在は音の反響には慣れて、家事をしてもらっているありがたみをある程度は理解しているよう
なので普通に生活出来ております…。

もうね、子供じゃないんだから、新しい環境ということがどんなものなのか
イチイチ、喧嘩腰にならずに解決出来ないものなのかと思いますわ。大人なんだからさ。
これで入居後しばらく本当に、疲れてしまってました…。
まあ他にも色々事件はありましたので、のちのち書いていきたいと思います。
新築したところで、人の性格っつうのは絶対に治りませんからね〜(笑)
通常モードにようやく戻ってきたここ2ヶ月ってとこでしょうかね。

新築したのに険悪って、そんなご家庭あるんでしょうか…。
情けなくて仕方ないですわ。あーあ。疲れるわ(笑)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

category: 家作りについての悩み

tb: 0   cm: --

2階へご案内  

引き渡し前の画像がほとんどなので殺風景な上養生シートありありで
すみません。
ie50.jpg
2階へ上がる階段。
我が家は面積上これしかどうもなかったようで…。
17段一気昇り。下3段がカーブしてるだけです。
旧家で階段から落ちて肩を脱臼したのにこれでいいのかと思いましたが
私が脱臼した原因は何かにつかまろうと思って
階段をつかんだ結果でしたので(急階段だったので掴まる場所が階段とか天井とかなの)
コの字階段であろうが何だろうが、落ちる時に手すりに掴まったら最後、脱臼します(笑)
過去に3度右肩脱臼をしてるので抜けやすい!
だから階段の形にはこだわりませんでした。
こだわるというより、恐らく現在はどのHMさんで建築しても昔の家のような
急階段なんて作らないと思いますので、年を取っても上り下りがしやすい傾斜で
あれば十分と思います…。落ちる時は誰でも落ちるのよー!(笑)
でも本当はコの字階段とかは体験してみたかったですね。
設計上、1階に何を持ってくるかの制限が多過ぎてようやく理解してもらえたのが
長い廊下のみですからね(笑)
階段のスペースを無駄なく取り入れるには我が家はこの形しかなかったと思われます。
でも、お気に入りの場所でもあります。
壁の途中にある茶色の(あれ、なんて言うんですかねえ…)板みたいなの。
これと、明かり取りの窓枠、ブラケットライトの濃い色がメリハリがあって好きです。
一条さんでは標準の階段に上がるための手すり?みたいなの。
あれが我が家にはスペース上付けることが出来なかったので減額されましたが
なくても特に問題はないです。
階段についてる手すりも実は反対側につけてほしかったなあと最近思います。
私、右利きなのでこの位置は普通は正しいと思うのですが、なぜか支える時には左手なんです。
物を持つのが右になるので鞄やコップや(自室で晩酌だからw)着替えなどは常に右で持つ。
すると支えるのが左手になるので、将来的にはこの綺麗な壁紙が手あかで茶色くなって
しまうんだろうなあと………。
気をつけて触らないようにはしてますが…。
皆さん、どんなもんなんでしょうね。
左手で物を持つっていうのが苦手なんですよねえ。うーん。

階段落ち=大けがをしたせいで、ダークを選んだため夜間はまっくら(笑)
さすがに階段の明かりは付けて降りないと無理です。

ie54.jpg
壁紙の色にこだわったという自室。
引き渡し前の画像なもんで、何が何やらですけど。
和室用の壁紙を洋室に使うのはOKということだったので、和紙調の緑を選びました。
多分、大正解だったと思います。
なんで「多分」かって、白い部屋に住んだのは仮住まいのアパートの時のみで
旧家では父が砂壁を隠すために貼ってくれた明るい色目のベニヤ板に囲まれていたので
いいのか悪いのかの差がよく分からないのです!(笑)

それを思うと、壁紙選びにあれだけ悩んだ理由が分かるような気がします。
やっぱり大きな面積となるとイメージが湧きにくい=やっぱり壁紙にこだわってなかったw
って結果なんだろうなあと思います。
標準内で出来るだけ意外なことを!というのも制限がありましたしね。
どうせならとことん、色を使った部屋にしたいと思うしかといってそれって将来的にも
どうなのと思いますし(笑)

それに、自室。
実は毎日残業で夜遅いため、明かりをプチ書斎スペースの明かりしかつけないんです。
冬や春先は問題ないでしょうが虫が出始めると部屋の明かりを最小限にしとかないと
入ってくるんですよ!てゆうか、窓にいっぱいつくんですよ…。
夏場のコンビニとかひどいじゃないですか。あそこまではいかなくても
まあなります。
喫煙者なのでベランダに出る回数が多いので夜間は出来るだけ照明を落としておきたくて。
なので結局、自室の壁紙を見て、ホッとするとか癒されるとか…そういう効果は
ほとんど感じられません(笑)
それを考えるとオプションでがんばらなくてよかったなあとも思いますが(笑)

あとね。暑い。
LEDでも白い明かりは暑さを感じるんです。蛍光灯だともっと熱いと思うのですが
LEDだからって熱くないわけではないです。
仕事上、LEDライトの真下とか額のすぐ前とかで作業してるのが毎日なんですが
出来るだけ熱さを感じたくないので大きな明かりを落とすことにしてます。

でもこの緑の壁紙はなんだかんだ言っても、好きです。
白い壁じゃなくてよかったなあと思います。
映画を毎日BGM代わりにしてるので、壁が明るい色だと部屋の中が明る過ぎてしまうだろうし
ちょうどよかったんじゃないかなあと。
壁紙屋さんにも褒められましたよ〜。いいチョイスですね〜って。
私もそう思います(自画自賛w)

ie55.jpg
そして悩みに悩んだ2階のトイレの壁紙…。
見てください。
遠目だと自室の緑と代わりがありません!!!(笑)
小さなサンプルでは、これや!と一瞬で決めれるくらいかわいかったんですが
正直、格子が細か過ぎたなと後から後悔したんですが…茶色の籐籠みたいな壁紙に
すればよかったと思ったんですよ。
引き渡し後も、トイレに入って壁紙を眺めていると「…明らかに私の挑戦は失敗したな…」と
ずっと思ってましたよ…。
オプション代を払ってまで、この結果かと思うと!です。
どうせやるならとことん、派手にやっちまえ!と後悔しましたよ…。

でも、最近は慣れました。(いい加減な性格なんでw)
この壁紙が畳みたいに思えてきて、私の希望の緑色なわけだし建具のダーク色とも
合ってるし落ち着きがあっていいんじゃないかと思うので、結果この壁紙でもよかったなと。
ただし、この壁紙のせいで今度はトイレの照明デザインを決めるのに2月半ばまで
かかってしまったのでした(笑)
何を持ってきても、なんかチープな気がして。
かといって思うようなデザインが見つからなくて。ホント困りましたわ。

ie56.jpg
2階トイレには小さい手洗い器をつけました。
そのため、一条さんでは標準のトイレ内カウンターやその下につく収納はナシです。
トイレの背面にあるカウンターもナシなんですよ。そこは別に…つけれるやんって思うけど。
まああったところで、1畳のトイレって案外広いので背面カウンターは不便かなとも思う…。

そしてこの手洗い器の一番のポイント。
「黄色!」って喜んでた私の目の前に現れたのは、フツーのベージュ!!!
すぐさま営業さんに連絡して、「紹介してもらったサンプルは黄色だったのになんでベージュ
なんですかねえ」と。
営業さん全部調べてくれました。
もらった資料がプリントアウトされたものだったので、もしかしたらプリンターの色が
そうなってしまっただけのことなんでは?と私も思ったんですが案の定でした。
今更変えれないんですけど、どうしましょうってことだったんで、正直ここは本来なら
ミスプリントの資料をくれた一条さん側がダメでしょってなるとは思うのですが
まあ、手が洗えればいいわけだし、気に入らなきゃ後から色を塗り替えることだって出来るし
どうとでもなる!と思って、これでいいよって言いました。
…最初から黄色なんつう奇抜な色目が存在するわけがないって私も気付かないと
いけないことだったと思うんです。
そんなことなら建具のダークと合わせたブラウンにしときゃよかったな〜と思いましたけど
現在は、なんも思いません(笑)
結局タオルをかけてしまうし、なんでここベージュなの?って思う程不自然ではないんで。
ま、しゃーないよな!って思うわ。自分のミスでもありますから。

顔を洗う時だけは1階の洗面所を使いますが、歯磨きはここでしかしないので
私が家に帰ってくると食事をしてお風呂を済ませるとほぼ階下へ行きません(笑)
それが望みだったので本当に楽になりました。

ie49.jpg
自室のベランダ。
一番最初のプランがこのサイズ。2畳くらいでしょうかね。
しかし設計の途中でこのベランダがなんと5畳に!!!
そんな広いベランダ、私の部屋の前だけにあるなら全く必要ない!とすぐさま却下。
予算の関係もあったので設計士さんが気を遣ってくださったんです。

でも、ここら冬場は雪がひどいシーズンがほとんど。
去年から今年の冬にかけては珍しく平日の積雪がなかったのでありがたかったんですが
大雪となると普通に20センチ以上は積もっちゃうので、広いベランダに積雪なんて
始末するの私しかいないじゃないですか…。無理です…泣。
そのプランは屋根もベランダに向いてて(なんて屋根の名前か分からんw)
雪がベランダに直接落ちてくるので、これは絶対無理!
なので面積を増やして、なんとか切り妻屋根を確保。これで雪が直接ベランダに
落ちることはありません(笑)

旧家ではベランダは増築のためなくしてしまっていて、布団を干したりするのには
ずっと屋根に広げてました!(笑)
なのでベランダがすっごい欲しい!っていうワケでもなく。
布団が干せればいいし、もしかしたら洗濯物を干すかもしれないからそれが
干せるスペースがあればいいという程度。
でも喫煙者なので今はこのベランダ毎日大活躍です(それ活躍って言わない)
地元の花火大会も見えたようですよ。
家自体に高さがあるため、以前の風景とは全然違うようです。
私はずっと2階に住んでいたので見晴らしがいいとか思ったことがないんですが
家族は、新緑の頃はいい眺めだろうなあと言ってました。
…正直そこまで眺めてる余裕は未だにございません…。

ベランダにはほんの少し壁が出ておりますが、実はこの壁、着手承諾以前は
存在しておりませんでした。
着手承諾後に、屋根との兼ね合いで壁を伸ばさないと1階の出窓の屋根が
どうだとか言ってたような気がします(もういい加減w)
なのでその分、壁が伸びて屋根も伸びました。
この分の代金は当然一条さん持ちです。
ベランダの主、私としては屋根が伸びたことはありがたいことです。
雨の日とか外に出られませんからね…。豪雨の時は屋根など関係ありませんがw
しかし、この壁が出来たせいで、実は正面からの外観が好みじゃなくなって
しまいました!でもしゃーないので諦めてます。
壁が出来たことで、壁に影が出来るんです。
なんか、ガチ、ガチ!!ってカンジであまり好きではないのです…(笑)
ま、南側の正面から我が家を見る機会はほとんどないですし、見る人も限られてますし
どうでもいいポイントかなと…家の正面は家の顔なのに妥協出来るって不思議。
そのくらい、南側はこだわりがない!(笑)
実際、ここに来て見てみたら分かるとは思うのですが
住宅地でもなく、田園風景が広がるでもない、微妙な場所でして。
目の前がぶわっと広がってるは広がってるんですが、結構障害物があったりして
(それもかなり大きな障害物w)我が家を南側から見るためには目の前の空き地に降りるか
少し離れた場所から見るしかないんです。あとは真下から見る。
ベランダから見える場所からしか見えないんだよね〜。遠くのご近所さんはしっかり
見えてると思うのですが、私は南側から見る機会がほぼ皆無なので変更になった外観には
こだわらないことにしました。

ie53.jpg
これは2階の隣の部屋の壁紙です。
2階のトイレ以外全て一条さん標準の壁紙からチョイス。
この部屋は将来的にはもしかしたら、私に家族が出来たら、という部屋。
普段は妹とその娘が帰省した時に使う部屋。
更に、本当の普段は母が洗濯物を干す部屋になっております(笑)
標準内の壁紙なんで、制限はあったんですがそれでもこの部屋の壁紙は実は一番お気に入りw
かわいくて明るくて、この部屋に入るとなんだか気分がふわっと明るくなる気がします。
…って、普段ほとんど入ることのない隣室ですが…。

仮住まいのアパートではこれと同じ大きさに私はおりましたが
こっちの方が広く感じるんだよなあ。
物を置けば一緒なんだろうなあ(笑)
基本、来客泊まり用の部屋なので家具は一切置いておりません。
テレビのコンセントも設置してあるんですが何も置いてないです。
クローゼットには布団やらの荷物がしまい込んであります。

そうそう、この部屋のクローゼットは唯一セゾンAタイプのもの。
6畳につき1つの収納、だったでしょうかね一条さんのルールって。
そのため、自室のクローゼットも当初は6寸と3寸の二つが存在してましたが
収納ありすぎ!で2カ所の収納を削らないといけないことになりました。
以前の記事に書いたとは思うのですが、私の部屋の収納は削ってもいいが
洗面脱衣所が狭くなって収納が減ったのに廊下の収納を減らされたら困る!ということで
まずターゲットになったのが2階の泊まり客間のクローゼット(笑)

収納はそのままでもいいんですが、でもセゾンAタイプのものになりますっていうのが
自室では絶対許せなかったので、普段人が入らない2階の客間の収納を変えることに
なりました。次に自室のクローゼット。
セゾンAのクローゼットでも私が建具の色をミディアムにしていたら問題なかったんですが
ダークを選んでいたので私の部屋の2つ並びのクローゼットの片方をミディアムにするわけには
いかなかったのです。
それに、高さが違う!10センチくらい差がありましたでしょうか。
色も違って、高さも違うなんてありえないので、いっそのこと取っちゃってください!と
言ってその後出現したのが自室クローゼットの隣にあるプチ書斎スペースなのでした。

フリーカウンターを付けてもらえそうな場所がなくて言い出さなかったんですが
これでカウンターを付けてもらえる場所が出来たー!とつけてもらいましたよ。2番目の画像ね。
既存の机って、足を組むとなんかつっかえて腹が立つんですけど(笑)
それをふまえて少し高さを上げてもらって設置してあります。
こだわりってほどのこだわりじゃないですが、このカウンター左上の端にパソコンケーブル用の
穴を開けてもらってます。
最初は右側でした。コンセントも右側にありました。
でも左側にしました。
なぜなら、私の愛機、Macさんなぜか左側に全部ケーブル口がある…。
なので穴もコンセントも全部左側にしてもらいました。
営業さんが丁度Mac使ってたんですんなり理解してもらえて何の間違いもなく設置してもらえました。

奥行き90センチ程あるプチ書斎。
こんな経緯で出来上がって、結果オーライですよ!
だって、余分に家具を買わなくて済んだのですから。
入り口とこの書斎を入れて9畳あるとはいえ(要するに8畳ですが)化粧やパソコンを
するための机を買わないと…とか考えるのが本当に嫌で困ってました。
フリーカウンター万歳でした(笑)

入居後の画像を載せるべきなんでしょうが、色合いにはこだわったのですが
こだわり家具らしいものを入れておりませんので殺風景なのは未だ変わらずなのです。
物を増やしたくないというか。増やすのが難しいというか。
一条さんのクローゼットの収納力が十分すぎるというか…。(スペース余ってる)
ベッドの収納が5カ所ありまして、それもまだ2カ所余ってる(笑)
出来るだけいらないものは捨てるようにしてるのもあるだろうし、壁に何かを付けるということが
まだ怖いんですよねえ(笑)
石膏ボード用のメタルフックを使って棚を付けよう!と思ったんですがうまく付けれなくて
壁に穴あいてます…。そういうの見るの辛いので(笑)

部屋の時計も新調したかったんで引き渡し前から色々物色していたのですが
結局何も買ってません。
コンセントに差して使える変色デジタル時計を買ったのみ。
私は視力が極端に悪いので、眼鏡を外していてもパッと文字がなんとなく見えるものじゃ
ないと困るので大きな文字のデジタル時計を旧家から引き続き使用してます。

新居に移ったら色々実行したかったことがあったのですが未だに何も出来ずまま
2階の壁は無傷のままでございます。いいんだか悪いんだか。
姿見も買っておりませんわ。
壁に穴を開けるのが怖いんだよー!(笑)

あ、でも食器は結構増えました。
私が勝手に色々買っちゃうのです。
料理が趣味なので(笑)ついつい。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

category: 外装、内装、インテリアのこと

tb: 0   cm: --

玄関まわり  

ie39.jpg
玄関ドア。
実はこのデザインは一条ハウスを勉強するため巡っていた途中で見つけた
ブログさんにあったもので、一目惚れしてしまったものです。
小さな小窓がかわいくてかわいくて養生取れるまで待ち遠しくて仕方なかったです。
しかも私はこのドアを当初はダークグリーンがいい!と言ってたんですが
家族の反対にあい敢えなく断念…。
緑が好きなもんでね…。ダークグリーンだったら多分そこまで違和感なかったと思うんだけどな。
外国の家ぽくてかわいいと思ったんだけどさ〜。
でもこのカラーでも十分、このデザインのよさはありますのでこのデザインで正解でした。
真東ではないのですが、東向きの玄関なので午前中しか光が当たらないし玄関は東と北の
かどっこで廊下もかどっこなわけで、採光の面で考慮しないといけないかなとも考えたのですが
(建具の色もダークなので暗いイメージもありますし)
防犯(田舎なんでそういうことは滅多ないんですがw)の面も考えてあまりガラス面が
多いのもどうかと思いましてこのデザイン。
朝は朝日がちょうどこの小窓から入って廊下の明るいことといったら!ってカンジで
明かりは十分でありました。
それに以前の家では西向き玄関で夕方までは薄暗い場所だったんで家族全員あまり
気にしてません(笑)
それに天気のよい日はこの小窓に青空がはっきりと映ってそりゃあもう美しいです。

ie43.jpg
そして玄関。
仮住まいのアパートより少し広い程度で、広い玄関とまではいきませんが
前の家と比べればかなり広くてゆったりしてて、段差も少ないですし満足のいく広さが
取れたと思います。
設計段階当初は、この玄関が北中央にあってLDKがもっと広く取れる形ではあったのですが
玄関が狭過ぎた。入ってすぐが壁!みたいな玄関はちょっと…。
プライベートスペースがすぐに見えないのはいいんですが、土地の制限のある家なので
いろんな部分で制限がおきましたわ…。
玄関を広く取るか、LDKを広く取るかの2択(泣)
我が家は玄関と廊下を広く取ることにしたのです。
前の家は玄関入ると半間しか靴スペースなかったし、段差は普通に腰かけられるほど。
昔ながらの作りですよね。玄関が高いっていうのは。
建て替え決定するより数年以上、玄関からまともに出入りしたことは少なかったわ(笑)
この玄関より狭い勝手口から出入りしておりましたわ(笑)
仮住まいのアパートの玄関が広くて感激しましたよ。
靴散らかし放題でも余裕があるー!みたいな変な感動(笑)
段差も10センチ程度のものでしたし、ホント楽でした。
新居も同じくらいかな。
その仮住まいアパートと唯一違うのがこちら。

ie35.jpg
引き渡し前の画像なんで汚れてます。
玄関を入ると目の前にまっすぐ廊下。
このお陰で狭いながらも奥行きが生まれて、なおかつプライベートスペースは
来客には見えることが一切ないっていう素晴らしい空間です。
そしてこの腰板です。
仕事帰りに毎日家を見に行ってたんですが、腰板をはったその日に見に行って
感動しました、その重厚感に。(翌日から養生段ボールが貼られてて引き渡し近くまで
再会することはなかったんですが)
この廊下とリビングスペースに可能な限り腰板つけてあります。
一条さんのセゾンFシリーズでは、この腰板orテレビボードのどちらかが標準なんですが
我が家のリビングは狭いのでテレビボードは却下。
…っていうか、いらねえ、そんなのより腰板つけてください!って勢いで決めました。
テレビボードの収納力や見栄えは素晴らしいもので、私の部屋にどうですかとも言われたのですが
…まあ広い部屋をもらってるので置けないこともないですが色が白か黒。
どっちも苦手な色なので興味がなくてね。
それに腰板があるとないのとではやっぱ。

玄関上がるとすぐに階段があります。
廊下の突き当たりが洗面、脱衣、お風呂スペースです。
更に曲がった場所に両親の各部屋がございます。

ie42.jpg
リビングの扉閉めた状態からの玄関。
我が家、このドアを開けるとすぐにキッチン、ダイニング、リビングで
正直ここが一番妥協せざるを得なかった場所でして。
ええ、この玄関と廊下を確保するために!無駄を確保したかったために!
でも満足です。
見てください、このリビングドア。引き戸で、正直普段ほぼ解放してますが(笑)
冬場は活用するはずです。
全面をガラスと格子のデザインもあったのですが、なぜこの半分デザインにしたかって
一番最初に見たデザインがセゾンFで一番明るいカラーの黄色っぽい(名前忘れた…)色に
このデザインで、一瞬だけ見てなんだかカントリーっぽく見えたのですよー。
ログハウス的なカンジで。それがかわいくて、求めてたのはこれやー!みたいな勢いで。
ただ、選んだのはダークですが。
あと、我が家にはワンコがおり(現在は外で一人暮らしです泣)そして暴れん坊少女の
姪っ子がおりますので、下までガラスっていうのはどうしてももうイヤだったんです。
前の家に下まで入ったガラスの引き戸があって、子供ってどうしても乱雑に扱うじゃないですか。
その度にヒヤヒヤして気が気でなかったので。てゆうかイライラしてました。
物が割れる音が大嫌いだし、怪我をするというのもイヤなのでこのデザインです。
ワンコが家にいたら!と思うと腰板もこのドアのデザインもベストかな〜と思うし。

そうそう。
玄関上がってすぐの壁には標準のニッチがあります。
特にここには何をってわけでもないですし標準で出来ることは全部やるでー!という
貧乏性発揮でつけましたが。
ホントならね、3番目の画像にある玄関正面の壁につけたかったですね。
ただ壁の問題で、玄関左側になったのでした。
どこにでもつけれたのかなあ…とよそさまのブログを見ながら思う次第。
ダウンライトもついてるので季節のものを飾りたいのですが
花を生けるには狭過ぎて、かといってあまり装飾すると位置が低い(腰板の上くらいなんで)ため
子供の手が届く場所に落ちる危険がある物を置きたくない!(つまり物が割れる音が嫌いに繋がるw)
あんま必要のないニッチだったかな〜と思わないでもないです(笑)
玄関正面だったら!と思います。

現在このニッチには妹がくれた新居祝いのブリザードフラワーのガラス容器入りのが
飾ってあります。落ちないのを祈るのみです…泣。
両脇に小さいフクロウとかいるし(笑)

玄関のシューズボックスのカウンターには麒麟と狛犬とステンドグラスの照明が
置いてあります。
…まあ多国籍ですね(笑)

以上玄関まわりでした。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

category: 外装、内装、インテリアのこと

tb: 0   cm: --

照明  

2階部分は私のスペースなので照明は可能な限りこだわりました…。
けどこだわりっていう程のしろものではござんせん。
ie36.jpg
2階の廊下の照明は最初ふちが白だったんですが、建具の色に出来るだけ
合わせたかったので黒に変更。
正直、このライト全然使わないんですが(笑)そして天井を見上げることなんて
滅多にないんでこだわった意味がどこに!?とか思わなくもないですが…
まあ自己満足ということで。

ie38.jpg
階段の照明。
イメージしてたものがこれしかなくて妥協したんですが
ついてみたら旅館ぽくてなんだかレトロな雰囲気が気に入っております。

ie44.jpg
2階のトイレ。
もーギリギリまで全く決まらず、結局安いものだったら飽きてもすぐに変えれると
考えてここらへんで妥協しました…。
あれもこれもいい!と思ってて決まらなかったんです(笑)
あと壁紙との兼ね合いで決めれなかった…。

ie46.jpg
私の机の上の照明。
本当はこれじゃないのが欲しかったんですが、品切れ中で入荷待ちしてたら
いつになるか分からないのでこれで妥協。
夜間はずっとここの明かりで過ごしてます。部屋の明るい照明はやっぱ暑さが増す気がして。

ie45.jpg
玄関の照明。
かわいいです。
まだ新作らしいのでついてるお宅は少ないらしい。
ここも玄関の中の照明も自動でつくので便利ですよね〜今時。
雨の日とか夜とか買い物帰りとかホントありがたいっす。

以上照明でした。

他の部屋の照明はな〜んにもこだわってないのであえて割愛(笑)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

category: 外装、内装、インテリアのこと

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。